【2024年】コスパ最強のアジングロッド人気10選!初心者におすすめの製品や選び方も

アウトドア

釣り初心者の方にもお手軽に始められる、アジングゲーム。初めてアジングに挑戦する方は、どんなロッドを選べば良いかわからない人も多いのではないでしょうか?そこで今回は、コスパ最強のアジングロッド人気10選を、選び方と初心者におすすめの製品もあわせてご紹介するのでぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

アジングロッドとは?

出典:https://pixabay.com

アジングロッドとは、アジをルアーで狙う人気のアジング専用のロッドです。磯や堤防、ボートなどさまざまなポイントから楽しめます。アジだけではなく、メバリングでも使用できる汎用性の高さが特徴的です。大型のファイトも楽しめるので、釣り初心者にも人気があります。

スポンサーリンク

初心者におすすめのアジングロッドの選び方

初心者におすすめのアジングロッドの選び方をご紹介します。どこの場所で釣りをするかのシチュエーションを想定して選ぶようにしましょう。

長さ

出典:https://pixabay.com

初心者におすすめのアジングロッドの長さは6~7ftです。アジングロッドは5~9ftまでバリエーションが豊富ですが、6~7ftが取り回しがよくて操作しやすくなります。飛距離もある程度でるので便利です。遠距離を狙う場合は8ft、ボートなどで近距離を狙う場合は5ftなど慣れてきたら専用の長さを選びましょう。

硬さ

出典:https://pixabay.com

初心者におすすめのアジングロッドの硬さはLです。軽量ルアーの操作に優れていて、フロートリグやメタルジグなどの重量があるものにも対応できます。サーフや堤防などさまざまなポイントで活躍できる、汎用性がある硬さです。

ティップの素材

初心者におすすめのティップの素材は2種類あります。素材によってしなやかさや感度がかわってくるので、しっかり確認してから選ぶようにしましょう。

チューブラーティップ

出典:https://pixabay.com

繊細なアタリが手元までしっかり伝わり、操作性にも優れているチューブラーティップです。張りが強いので魚の動きがわかりやすく、遠投や水深の深い場所でも活躍できます。フッキングして釣りあげたいという方におすすめです。

ソリッドティップ

出典:https://pixabay.com

ソリッド素材を使用していて、細くしなやかで追従性に優れているティップです。アタリを弾いてしまうのが少なく、操作性に優れているので初心者の方に人気があります。感度の性能が向上して、潮の流れの変化もわかりやすく手元に伝える近年人気のソリッドティップです。

スポンサーリンク

コスパ最強のアジングロッドおすすめ人気10選

コスパ最強のアジングロッド人気10選をご紹介します。初心者におすすめの製品もあわせてご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

【メジャークラフト】ファーストキャスト FCS-S682AJI

メジャークラフトから発売された、ソリッドティップを採用して喰いこみ抜群のアジングロッドです。パワーがあるので、深場や遠投性能にも優れています。アジだけではなく、ロックフィッシュやカマスにも対応できる初心者におすすめの1本です。

【メジャークラフト】3代目クロステージ CRX-S642AJI

コスパ最強で、操作性に優れているアジングロッドです。ブランクスにマイクロピッチクロスフォースを採用して、ネジレに強く耐久性が向上しています。漁港でのライトゲームや堤防の大型アジを狙って掛けていくスタイルが得意です。

遠投性能もあり、取り回しがよいので初心者にも扱いやすくおすすめです。

【ダイワ】AJING X 68L-S

感度がよくて、軽量ジグヘッドを得意としたアジングロッドです。長めのレングスなのでキャロやスプリットにも対応できます。カーボンテープをX状に締め上げるブレーディングXを採用して、ネジレを抑えて耐久性にも優れているおすすめの1本です。

【ダイワ】月下美人 68L-S

軽量で操作性に優れている、コスパ最強のアジングロッドです。ジグヘッドやメタルジグなど、幅広いルアーに対応しています。高密度HVFカーボンをブランクに採用して、軽量で手元に伝わる感度も向上しているロッドです。

大きめのガイドを搭載していて、ライン放出がわかりやすく飛距離も出せます。漁港や足場の高い堤防でも思い通りに操作しやすいので、初心者におすすめの1本です。

【シマノ】ソルティーアドバンス S610L-S

軽量でありながらパワーもある、汎用性が高い初心者におすすめのアジングロッドです。フォール釣りが得意で、繊細なアタリも感じ積極的に掛けていけます。さまざまなリグに対応しているので、ポイントやサイズによって使い分けもしやすいです。

【シマノ】ソアレBB S610L-S

アジだけではなくライトゲーム全般に対応している、汎用性の高いアジングロッドです。エントリーモデルでありながら、シマノの上位機種で使用するリールシートを採用しているので感度に優れています。リールシートの表面硬度を高めて接触面を減らしているので、繊細なアタリを手元に伝える感度が抜群で魚とのファイトを楽しめるロッドです。

【アブガルシア】クロスフィールド XRFS-642UL

さまざまなフィールドや魚に対応している、軽量のアジングロッドです。アブガルシア独自のカーボンテープを使用したブランクは、耐久性とパワーに優れていて大型の魚とのファイトも楽しめます。トップガイドに富士トップガイドSiCを搭載して、ライントラブルが少ないので初心者におすすめのロッドです。

【アブガルシア】ソルティースタイル カラーズ STCS-554LS-AY

基本性能が高くて4ピースになっているアジングロッドです。コンパクトに収納出来て、カラーバリエーションが豊富なので人気があります。アジングだけではなく、メバリングやトラウトなどに対応している汎用性の高さが魅力的です。軽量で取り回しもよいので、旅行先でもお気軽に釣りを楽しめます。

【ヤマガブランクス】ブルーカレントⅢ 63

ショートレングスで幅広い重量のジグヘッドに対応している、操作性に優れているアジングロッドです。ジャークやトゥイッチングなどの軽快な操作を得意としています。繊細なアタリや潮の流れの変化も感じとる感度も抜群なので、積極的にフッキングも可能です。

【テイルウォーク】AJIST SSD 55

深瀬や潮の流れが速い難しい場所にも対応できる、高性能のアジングロッドです。1g前後のジグヘッド単体を使用した、繊細なアクションを得意としています。重めのジグでボートアジングにも対応できるので、さまざまな場所でアジングを楽しみたい方におすすめです。

まとめ

コスパ最強のアジングロッド10選を、初心者におすすめの製品をあわせてご紹介してきましたがいかがだったでしょうか。サーフや堤防などさまざまな場所で楽しめるアジングゲーム。お気に入りのアイテムをそろえて、釣りを楽しんでくださいね。