【2024年】バレーボール用膝サポーターおすすめ人気10選!選び方や種類も

スポーツ

ケガの予防やパフォーマンスの向上に欠かせないバレーボール用サポーター。さまざまなメーカーから販売されていて、どれを選べば良いのかと悩む方も多いですよね。そこで今回は、バレーボール用膝サポーターの選び方や洗い方から、おすすめの人気商品やサポーターの種類までご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

バレーボール用膝サポーターは必要?

出典:https://pixabay.com

バレーボールは、ボールをつなげる際に床に飛び込んだり、膝をついてレシーブをする機会が多く、打撲や擦り傷などのケガをしやすいスポーツです。そこで役に立つのがバレーボール用の膝サポーター。サポーターの着用により、打撲や擦り傷などのケガの防止だけでなく、疲労軽減や動きのサポートなどパフォーマンスの向上にもつながります。

スポンサーリンク

バレーボール用膝サポーターの選び方

バレーボール用膝サポーターを使ってみたいけれど、どれを選べば良いかわからないという方も多いのではないでしょうか。ここでは、パッドの有無・サイズ・生地・メーカーの4つのポイントに分けてご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

パッドあり・パッドなしで選ぶ

バレーボール専用の膝サポーターは、パッドありとパッドなしの2種類があります。それぞれ目的や用途が異なるので、自分のポジションやプレースタイルに合わせて選んでみてください。

しっかり保護したいならパッドありを

出典:https://pixabay.com

打撲や擦り傷などのケガ予防をしたいならパッド入りタイプの膝サポーターが最適です。床に飛び込んだり膝をついてレシーブをする場合でも、パッドがクッションの役割をしてくれるのでひざをしっかり守ってくれます。「初心者」の方や「リベロ」などのレシーブポジションにつく方におすすめです。

動きやすさを求めるならパッドなしを

出典:https://pixabay.com

バレーボールに慣れてきた中級者から上級者は、動きのサポートをしてくれるパッドなしタイプの膝サポーターが最適です。適度な締め付けによって筋肉の揺れを抑えられるので、パフォーマンスの向上や疲労軽減につながります。運動量の多いアタッカーやセッターにおすすめです。

サイズで選ぶ

出典:https://pixabay.com

サポーターのサイズが合っていないと、ずれて動きにくいだけでなく集中力が散漫になりケガをしてしまう可能性も。そのため、バレーボール用の膝サポーターを選ぶ場合は、しっかりフィットするものを選ぶようにしましょう。

特にお子さまの膝サポーターを選ぶ際は、長い期間使えるからと大きめのサイズを購入するのではなく、現在のサイズに合わせて選ぶようにしましょう。

通気性・伸縮性に優れた生地を選ぶ

出典:https://pixabay.com

膝サポーターをつけてプレーをしていると、汗によるムレが気になったり動きにくくなってしまうなど、プレーにも影響が出る場合があるので、機能面も考慮して選ぶ必要があります。

パッドが入っていない膝サポーターは、通気性に優れたメッシュ生地や、伸縮性・速乾性に優れたトリコット生地を選ぶのがおすすめです。一方で、パッドが入っている膝サポーターは、パッドに通気孔や切れ込みがあるものを選ぶと、汗での蒸れを気にせず快適にプレーできます。

人気の高いブランドやメーカーから選ぶ

出典:https://pixabay.com

動きやすさを重視するならasics(アシックス)

asics(アシックス)のバレーボール用膝サポーターは、機能性に優れたものが多く、動きやすさを重視する方に人気があります。柔らかめに作られているので、身軽にプレーをしたい方やきついフィット感が苦手な方におすすめです。高い保護力もあるので、ケガの防止にもつながります。

保護力を重視するならMIZUNO(ミズノ)

MIZUNO(ミズノ)のバレーボール用膝サポーターは、シンプルなデザインや豊富なカラーバリエーションが、幅広い世代に人気です。硬めに作れておりズレる心配がないので、激しい動きをしてもしっかりとひざを守ってくれます。また、ニオイが付きにくいというのも嬉しいポイントです。

デザインにこだわるならDESCENTE(デサント)

DESCENTE(デサント)のバレーボール用膝サポーターは、カラーバリエーションが豊富でデザインもおしゃれなので女性を中心に人気があります。パッドの厚さやフィット感を自由に選択できるので、膝サポーターにもこだわりたいという方におすすめです。

スポンサーリンク

バレーボール用膝サポーターおすすめ人気10選

ここでは、バレーボール用の膝サポーターおすすめ人気10選をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

【アシックス】ひざサポーター XWP261

アシックスから発売された、パッド入りタイプのバレーボール用膝サポーターです。EVA樹脂パッドを搭載しており、保護力が高く激しいプレーをしてもずれにくい作りになっています。初心者の方から上級者の方まで使用できるおすすめのモデルです。

【アシックス】膝サポーター XWP076

日本バレーボール協会公認モデルで公式大会にも着用可能なバレーボール用膝サポーターです。EVA樹脂パッドが入っているのに加え、ひざ裏にメッシュ素材と2WAY素材を採用しているので、動きやすさと蒸れにくさを兼ね備えています。リベロやレシーブポジションにつく人におすすめです。

【アシックス】ニースリーブ XWP068

動きをサポートしてくれるパッドが入っていないバレーボール用膝サポーターです。筋肉のブレを抑えられるので、疲労軽減やパフォーマンス向上の効果に期待できます。運動量の多いアタッカーやセッターにおすすめの商品です。

【ミズノ】膝サポーター レディース V2MY8008 01

高い保護力と動きやすさが魅力のバレーボール用膝サポーターです。硬めに作られた大判パッドが搭載されており、サイドからの衝撃にも対応しています。パッドに切り込みが入っているので、動きやすさも抜群です。また、ひざ裏の通気性にもこだわって作られているので、蒸れにくくなっています。

【ミズノ】ジュニア用膝サポーター V2MY8011

ハードな動きにも対応したジュニアサイズのバレーボール用膝サポーターです。25mmの厚くて硬めのパッドが入っているので、飛び込んだり膝をつく姿勢でのプレーでも痛みがなくしっかりと保護してくれます。また、縦伸びする作りになっておりずれにくくなっているので、プレーに集中できるのも嬉しいポイントです。

【ミズノ】膝サポーター ロング V2MY8019 09

太ももからひざ下までカバーできる、パッドが入っていないロングタイプのバレーボール用膝サポーターです。適度な締め付けによって筋肉の揺れを抑え、負担のかかりやすい膝周辺をサポートしてくれます。程よいフィット感で動きやすく寒さ対策にもおすすめです。

【デサント】ニーパッド DVB-8601

おしゃれなデザインながら機能面にも優れた膝サポーターです。厚さ10mmと薄型のEVA樹脂パッドの搭載により、動きやすさが大幅に向上しており、縦伸びもするのでずれにくくなっています。また、パッドに通気孔があるので汗のムレを気にせず快適にできるのでおすすめです。

【デサント】膝サポーター スーパーロング

太ももから足首までカバーできるスーパーロングタイプの膝サポーターです。パッドなしタイプになっており、適度な締め付けで筋肉の揺れを抑えられるので、疲労軽減や保温効果に期待できます。アタッカーやセッターなど運動量の多いポジションにつく人におすすめです。

【ディーエム】トリコットニーパッド D-809

速乾性・伸縮性に優れたトリコット生地を使用した、パッドが入っている膝サポーターです。厚さ10mmのパッドを搭載しており、軽量かつフィット感が大幅に向上しています。また、ひざ裏にはメッシュ生地を採用しており通気性がアップしているので、汗によるムレを気にせずプレーに集中したい方におすすめです。

【ファイテン】バレーボールサポーター ひざ用 AP155005

動きやすさを追求したパッドが入っている膝サポーターです。ひざの動きに合わせて作られているので、身軽にプレーができます。また、ハードな動きをしてもしっかりと衝撃を吸収してくれる高い保護力も魅力の一つです。

バレーボール用サポーターの種類

出典:https://pixabay.com

バレーボール専用のサポーターは打撲やケガを防止し安全にプレーが出来るように、それぞれの部位に合わせて作られています。ここでは、肩・肘・膝・足首などそれぞれの部位に適したバレーボール用サポーターの種類をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

肩用・腕用サポーター

肩や腕はスパイクやサーブでボールを強く打つとき大きく負担がかかるので、脱臼や関節を捻るなどのケガを起こしやすいといわれています。肩や腕のストレッチを行うのも大切ですが、気になる方はバレーボール用の肩・腕サポーターをつけましょう。肩や腕への衝撃を和らげてくれるのでケガの防止につながります。

肘用サポーター

バレーボール用の肘サポーターは、打撲や擦り傷などのケガの予防に役立ちます。初心者の方やレシーブポジションにつく方におすすめです。また、パッドなしのロングタイプのものを着用すると、筋肉のブレを抑え動きをサポートしてくれるので、パフォーマンスの向上や疲労軽減につながります。

膝用サポーター

バレーボール用の膝サポーターは、主にレシーブや飛び込んでボールを拾う際に効果を発揮します。膝をつく姿勢でのプレーや飛び込んでボールを拾っても、痛みが出ないので思い切ってプレーをすることが可能です。守備に特化したリベロやレシーブポジションにつく方は、両膝につけましょう。

太もも用・ふくらはぎ用サポーター

バレーボールは飛んだり走ったりという動作が多いスポーツなので、太ももやふくらはぎを痛める人が多いといわれています。太ももとふくらはぎのストレッチを行うのも大切ですが、気になる人はバレーボール用太もも・ふくらはぎサポーターを着用するのがおすすめです。痛みの軽減や筋肉の負担を軽減できます。

足首用サポーター

バレーボール用の足首サポーターは、ケガの予防や再発防止の効果に期待できます。足首をしっかり支えて可動域を最小限に保つことで関節への負担を軽減できるので、捻挫がクセになっている人やケガの予防をしたい人におすすめです。

バレーボール用サポーターの洗い方

出典:https://pixabay.com

バレーボール専用のサポーターは特殊な伸縮素材で作られているので、洗い方には注意が必要です。パッド入りタイプのものは、中性洗剤を使い30℃程度のぬるま湯で手もみ洗いをして、平置きの陰干しで乾かしましょう。パッドなしタイプのものは、洗濯ネットに入れて洗濯機で洗うのがおすすめです。

まとめ

ここまでバレーボール用膝サポーターの選び方や洗い方から、おすすめの人気商品や種類まで紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。バレーボール用膝サポーターを身につけると、打撲や擦り傷などのケガの予防につながります。ぜひ自分に合ったバレーボール用膝サポーターを見つけて、安全にバレーボールを楽しんでくださいね。